凄い勝率の株式投資:過去10番目作戦

凄い勝率の株式投資を紹介します。称して「過去10番目作戦」。
株式投資をやっている人は、各種のテクニカル指標を活用しているでしょう。最近では株式だけでなく為替の世界でも、MACD(マックディー)という指標が人気です。それ以外にも、パラボリックやRSI、移動平均乖離率、ボリンジャーバンド、一目均衡表、サイコロジカルライン、柴田罫線など、数え上げれば切りがありません。これらのうち、ひとつ例を挙げてみます。
例えば、RSI。これは50を中間点とし、100に近付けば近付くほど「買われ過ぎ」、0に近付けばつ近づくほど「売られ過ぎ」を示します。一般に100を示すことはほとんどなく、0を示すこともほとんどありません。75以上になれば天井圏、25以下になれば底値圏と言われます。しかしながら、対象銘柄の参加者の目的や性格などは株価に大きく影響するため、75を超えても上がり続けることがあれば、25を切っても下がり続けることもあります。すなわち、RSIがどこまで上がるか、どこまで下がるかは、銘柄によって異なるのです。そうすると、その銘柄の特性を分析する必要が出てきます。
①過去3年間で上位10番目に入る高い指標が天井圏、②過去3年間で下位10番目に入る低い指標が底値圏、と判断します。RSIだけではありません。VR(ボリューム・レシオ)や移動平均乖離率などでも検証してみて下さい。天井圏と底値圏を驚くべき確率で当てます。なお、この分析には過去3年分のテクニカル指標を知る必要がありますが、株価やテクニカル計算式を無料でダウンロードできるサイトが多くあるので、これらを利用すれば容易です。

FXが他の投資よりも稼ぎやすい理由

FXとはいろいろな国の通貨を交換することによって生じる為替差益を獲得してお金を増やす投資のことですが、FXは他の投資よりも稼ぎやすいので多くの人から人気があります。 そしてFXが他の投資よりも稼ぎやすい理由はいろいろありますが、まずレバレッジをかけることによって口座に預けている金額の何倍もの額の取引をすることができるので一回の取引でより大きな利益を出すことが可能です。 このため取引をするための技術が身についてきて、利益を出せる取引をすることができるようになるとより多くのお金を稼ぐことができます。 次にFXの取引は買いからだけでなく売りからも取引をすることができるということがあげられます。 そのため為替が円安の状態だけでなく円高の状態でも利益を出すことが可能で、日本の経済がいいか悪いか関係なく取引をすることができます。 そのため利益を出せるチャンスというのも他の投資に比べて多いので、その分他の投資よりも稼ぎやすいと言えます。 それからFXの取引は他の投資よりも取引をする時間が長いです。 そのため取引をする機会も多くなるのでこれによって利益を出すチャンスも多くなります。 特に日本の夜の時間は世界中で取引が活発になって為替の値が動くので一番稼ぎやすいです。 このようにFXは他の投資よりも稼ぎやすいと言え、月に数万円から数十万円稼ぐことも十分可能です。 そのためワンランク上の収入を得るためにFXの取引をしている人もいます。 中でもMT4に対応したエキスパートアドバイザーと呼ばれるソフトウェアを使うと完全自動でFX取引を行ってくれるので、初心者の方には是非MT4を使ったシステムトレードを体験してみて欲しいものです。口座開設にはMT4比較などのサイトを参考にすると良いと思います。

初心者のFXの口座開設について

普段からFX取引をしている方は、サービスの比較も口座開設もスムーズに行えると思いますが、これからはじめようと考えている初心者の方にとって、時間をかけながら慣れない作業をこなしていくという方もおられると思います。
最近のFXの口座開設は、インターネットでほとんどの作業を完了させることができるので、申し込みもしやすく、オン乱トレードも簡単にできるようになっています。
しかし、初心者の方にとって、はじめての作業ということもあり、悪戦苦闘される方もおられると思いますし、パソコン作業にあまり慣れていないという方もおられるかもしれません。
そういった場合は、いきなり取引を開始しようとするのではなく、初心者向けのセミナーや入門サイトや入門書をチェックして、しばらく勉強してみるという方法と取ってみることもおすすめします。
FXには、メリットもあれば、損失が出てしまうかもしれないデメリットもあります。
焦って取引を開始してしまうと、知識がないことで、損失が出てしまう場合もあるので、取引をはじめる前に、最低限の基礎知識を身につけることが重要です。
初心者向けの情報サイト、入門書、セミナーなどでは、基本的なことからわかりやすく教えてくれますし、口座開設などについても教えてくれるので、初心者の方は是非、一度勉強をしてみることをおすすめします。
何も知らない状態から始めるよりも、基本をしっかりと押さえておいた方が、取引もはじめやすくなると思います。

FXをはじめやすい環境

日本では、FXに注目する方々がどんどん増えているようです。
テレビ番組では、一般的な主婦の方がへそくりを使って、FXにチャレンジし始めた方の紹介がされていたり、初心者向けのセミナーに参加している姿なども紹介してくれています。
インターネット上でも、便利なサービスや情報サイトがたくさん登場しています。
だんだんと難しそうというイメージが薄れてきて、誰でも参加しやすく、チャンスも大きいというイメージが強くなってきているのかもしれません。
ただ、誰でも始めやすくなってはいますが、当然損失となってしまうリスクもあるので、何も知らない初心者が、すぐに手を出すのは、危険な部分もあると思います。
そうならないためにも、きちんと入門サイトや入門書を読むなどして、最低限押さえておくべき情報は、きちんと頭の中に入れておくことをおすすめします。
そうすることで、メリットもデメリットもきちんと知ることができ、焦らず落ち着いて利益をつかめるようになったり、リスクのことを常に頭に置きながら、取引ができるようになると思います。
FXは、パソコンやインターネット環境があれば、自宅でも簡単にオンライントレードができます。
そのため、一人で考え、取引を開始する方も多いです。
ただ、一人で考えるよりも、いろいろな方から話を聞いたりすることで、自分が知らなかった情報を知ることができたり、新しい発見もあります。
セミナーなど交流することができる環境もあるので、他の方とのコミュニケーションを取ることも検討してみてはいかがでしょうか。

FXで初心者のうちにやっておきたいこと

FXをやっていて、初心者のうちにやっておけばよかったなと思うことがいくつかあります。
そのうちの一つがいろいろな注文方法を身につければ良かったということです。
FXには基本的な注文方法が3つほど、それを組み合わせた注文方法が5つほどあります。
取引会社によって名称とか操作方法に違いがあることが多いんです。
もし、これから始めるのなら、その注文方法の差をみっちりと身体に馴染ませてから始めましょう。
その取引会社にデモ口座があるのなら、そのデモ口座で直感的にできるまで注文方法に慣れておくといいと思います。
私はほとんど勉強せずにトレードを始めてしまったので、かない長い間成行注文しか使ったことがなかったんです。
売り注文と買い注文というかないオーソドックスな2つの注文方法しか使っていませんでした。
しかも、ずいぶん長い間それだけでいいと思っていたんです。
いまから考えるとずいぶんもったいないことをしたと思っています。
それぞれの注文方法にはメリットとデメリットがあります。
そのメリットとデメリットをよく知って使いこなせるようになれば、もう初心者の域を超えていると言ってもいいかもしれません。
気持ちが柔軟な初心者のうちに慣れておけば、後からこれはどうだったろうと思って苦労をするようなこともないでしょう。
それと、ストップロスをしっかり使うことも慣れておきたいです。
ストップロスは絶対動かさないことということを身につけておきましょう。

FXという金融商品

FXという金融商品は外国為替証拠金取引ともいわれるものです。
この名前からもわかるように、外国の通貨をある為替レートで証拠金を使って取引をするものです。
外国の通貨の取引ときくと、なんでそのようなものを取引する必要があるのかと思う人もいるかもしれませんが、今はこのような取引も経済活動をしていく上では重要なものだということがあります。
海外から多くの物を輸入して、また、海外に多くの物を輸出している日本においては、この為替取引というのは非常に重要なものだといえるでしょう。
為替レートの変動が経済に大きな影響を与えることから、毎日のニュースで取り上げられたりもします。
為替というのは日々の暮らしにも直結する大きな影響をもっていることなのです。
最近ではガソリンの値上がりや小麦粉の値上がりといったようなこと、電気代の値上がりといったようなこととも関係しています。
また、海外旅行にいけば日本の円を現地の通貨に交換します。
海外出張でも同じです。
このように外貨の交換というのは今ではFXでなくてもよく行われることです。
海外にいかなくても資産の分散という意味で外貨をもっておくといったようなことを考える人もいます。
FXとはこのような外貨の取引がパソコンやスマートフォンなどの情報端末でできるものといってもいいかもしれません。
外貨の価値は為替レートが変動することによって変わりますから、価値が上がりそうな通貨を買ったり、下がりそうな通貨を売ったりすることができます。